私は気功法を修得するに当たり、氣が情報を備えていることを学びました。まずは健全情報たる氣を養い、さらにその氣を身体細胞に伝える技術が気功法です。それ故気功法では、どのような「気構え」・「心構え」を持っているかが重要となります。なぜならば、それがやがて作用し現象・結果となっていくからです。
 私の気功の師である万蘇建老師(現代中国十大名医)は、徹底的に平安・敬意・健全・歓待の氣を常時養っており、それを私たち弟子に教えます。その師が長を勤める中国北京の赤十字会伝統医学交流センターには、世界各地から心身のケアーを求めて多くの方々がお越しになられます。
 当センターでは、気功の修練をはじめ精神修養・身体ケアー・スタッフとの親睦会・観光等盛りたくさんのサポートを行っております。是非多くの方々に師の持つ氣に触れていただき、人生を健康で生き抜くパワーを身に付けてい頂ければと思う次第であります。
 人生の困難さを乗り切るには、健全な氣を養生しておくことが必要であると考えておりますので、是非みなさま、共に漲るパワーを養生してみませんか。