新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しく御願い申し上げます。(^_-)-☆
 昨年は、日本人自身が物事の在り方を考えさせられるような事象が起こりました。仏教によれば、現象とは因果応報の摂理により起こるものと教えております。まずその「結果」から「原因」の何たるかを考え、その「結果」が望まないものであるならば、同じことを繰り返さないように思考し行動していくことが、学習能力のある者の態度であるように思います。何事も度を越せば崩れるだけです。
 日本の社会の在り方を考察し「禍い転じて福と為す」の諺の通り、本年は「福」をみんなで掴みましょう。私自身もどのような状況下でも「福」を齎すことのできる「福田」となることを目標として、その実現を目指して参ります。共に力を合わせ、疲労した国土を再編して行こうではありませんか。念頭に当たり今年の抱負を述べさせて頂きまして、新春のご挨拶を申し上げます。